勉強に適した環境

≪勉強に適した環境づくりのポイント≫

勉強は、環境によっても集中力が左右されるというのはご存知ですか?
目・鼻・耳から入る情報は、子どもたちに大きな影響を与えています。
それだけ、「勉強」と「環境」は切り離せない関係にあるのです。

  • 散らかった部屋は視界に入ると落ち着かず、
    勉強の集中力を妨げる要因となります。(視覚から入る環境)
  • 勉強に集中できるよう、おうちの中のファブリック(カーテン、ソファーカバー、クッションなど)を寒色系の色を多くしてみましょう。(視覚から入る環境)

簡単にお部屋の雰囲気を変えるには、カーテン・カバーなどの表面積の大きいものから替えてみるのが良いでしょう。柄物は避け、さっぱりした色合いがおすすめです!

その他、いくつか商品をご紹介しますので、下のリンクから詳細をご覧ください。


12色の1級遮光・防炎無地カーテンと選べるミラーレースのセット


ストレッチタイプのぴったりフィット♪【ソファカバー】

  • 勉強部屋・学習机の照明の電球が古い場合は、新しく付け直しましょう。 目に刺激の少ない色味を選ぶことも大切です。(視覚から入る環境)

  • Luminous -ルミナス- LED シーリングライト

  • 子どもが嫌がらなければ、アロマを焚いてみましょう。レモンでスッキリ効果・ラベンダーでストレス不安感を和らげる効果などが勉強時にはいいとよく言われます。
    それとは、逆にタバコなどの匂いは気を散らせてしまうので要注意です。(嗅覚から入る環境)

  • フラワーアロマディフューザー スティック フレグランス

  • できればテレビやインターネットができる環境は遠ざけるのがベストでしょう。(視覚・聴覚から入る環境)
  •  

    ぜひ、お子さんと相談しながら楽しみながら、落ち着い学習できる環境を作ってみてください。

     

    ≪勉強に適した場所≫

    「ところで、勉強に適した場所ってどんなところ?」
    人それぞれなので、たくさんありそうですが・・・。
    確かに漠然としていて、わかりにくいかもしれません。
    そこでいくつか挙げてみましたので参考になさってください。

    • 自分の学習机(自分のテリトリーなので、安心して机に向かうことが出来ます)
    • 図書館(静かな環境で様々な本を参考にしながら勉強ができます)
    • 食卓
      (家族がすぐ側にいるので、わからないところがあってもすぐ質問できる環境ですね)
    • 公民館(自習室のような部屋を提供してくれているところもあり、これは穴場です)

    その時の気分に合わせて勉強する環境を変えてみる、というのも効果的かもしれませんね。

    テーブル

     

    ≪気持ちを切り替える方法≫

    気持ちを切り替え、フレッシュな状態で勉強に臨むことも大切です。
    学習環境を整えることは、自分の気持ちも整えることと言えるでしょう。
    勉強をしていて

    「ん~、なんか行き詰ってきたな~。」
    「なんか頭に入ってこないな・・・」
    「疲れちゃったな。」
    「眠くなってきた。」

    そんな時は、いくつかの気分転換方法をあげてみました。
    どれも簡単に出来ますので、ぜひ、お試しになってみてください。

    • 家の付近を歩いてみる
    • 窓を開けて深呼吸
    • お茶を飲む
    • お風呂に入る
    • 掃除をする

    など、これらも良い環境づくりにつながる、効果的なポイントです。

    一休みの際などは、お茶を飲みながら、あたたかい炎キャンドルの灯りを見て、
    気持ちをラクにしましょう。
    無香料なので、ニオイが苦手なお子さんにおすすめです。

    下のリンクから詳細をご覧ください。


    無香料ティーライトキャンドル

      「今日はちょっと頑張ってみようかな。」と、思えるようなやる気の出る環境づくり。
      「この場所は、とても集中できるな!」と、思える環境づくり。
      ”良い環境で、良い勉強”と、なるようにしたいですね。

      整理整頓