月別アーカイブ: 2013年2月

勉強方法 ノートの作り方

勉強板書

勉強に必要なノートといえば、大きく分けると、

1つ目は「授業中、先生の書いた板書をノートに書き写したもの」。
2つ目は「自分なりにわかりやすく要点をまとめたり、自分の弱点をのせたノート。」

の2つが挙げられます。
ここで大事なのが、
「勉強する上で、目的をはっきり決めた上でノートを作ること。」
ではないかと思います。

効果的なノートの取り方について、いくつかポイントを挙げてみましたので、
ご参考になさってください。

勉強に必要不可欠な文具ノートの選び方などもご紹介しています。

おすすめ商品!
下のリンクから詳細をご覧ください。


アピカOfficial副線入りノートB罫


アピカGB33BN無地表紙ノート 無線綴じノート
セミB5判 余白付き


ツバメノート【Thinking Power Notebook】
シンキングパワーノート お試しセット

 

まず1つ目
「授業中、先生の書いた板書をノートに書き写したもの。」
授業中、ただひたすら黒板の文字をうつす。という作業の繰り返しになっている…。
そればかりか、ノートに書くということだけで、勉強した気になっていないか。
保護者の皆さまも記憶にありませんか?
しかし、いつも最後に思うのは、

  • ノートを写す作業に熱中するあまり、勉強の内容が頭に入らなかった。
  • ノートに写したはいいけれど、結局何の勉強をしたのかわからなかった。

このような残念な結果にならないためにも、
”1つ!”工夫を心がけましょう。

「ノートの余白を上手に使う。」

例えば、数学なら、計算する際の”途中式”を書き残しておきます。
これが後々復習した時のヒントになるのです。
その他、先生の説明を聞いていて、重要だと思われるところは余白にどんどん書きましょう。
黒板に書いてあることだけが、重要なわけではありません。

2つ目
「自分なりにわかりやすく要点をまとめ、自分の弱点をのせたノート。」
どんな時も、このノートさえ持っていれば大丈夫!
といった自分のためだけの勉強ノートを作りましょう。

  • 授業で教わった重要なところ(赤ペンやマーカーなどで目立たせる)
  • 予習復習をしていて自分がわからなかったところ、
    間違えやすい問題をノートにをまとめる。

「勉強する際、自分が後で見直した時、すぐわかるように書いてある。
(問題も途中式も答えも)」

自分でまとめたノートが、自分の役に立つように作ることが最大のポイントと言えます。

自分オリジナルノート

 

少し余裕が出てきたら、ノートをまとめる際に、下記に挙げたものもチャレンジしてみましょう!

  • ノートの中に図やイラストを加える
    (簡単なもので十分です)
  • 数字の比較などは、表やグラフにした方が全体像がつかみやすくなる
    (形になっていた方が理解しやすいでしょう)
  • つながりや順序を表すのに、項目を線でつなげてツリー上にする
    (パッと見てわかりやすいですね)
  • 写真やイラストを、教科書や参考書からコピーをし貼り付ける
    (イメージとして記憶ができる)
  • 大き目の文字で書くように意識する
    (見やすい大きさを心がけましょう)

見た目もカラフル・きれいなノートを使えば、やる気もUP!

こんなノートは、いかがでしょうか?
下のリンクから詳細をご覧ください。


アピカOfficial副線入りノートB罫


アピカGB33BN無地表紙ノート 無線綴じノート
セミB5判 余白付き


ツバメノート【Thinking Power Notebook】
シンキングパワーノート お試しセット

「ノートをまとめる」という作業は、記憶に残すためにとても有効な勉強方法です。
勉強したことがきちんと理解できる、ということが大切ですね。

ノートを一人でまとめあげるには、まだ、小学生には難しいかもしれません。
でも、
「出来ることから少しづつやってみよう!」
というリラックスした状態でぜひ、お子さんと一緒に取り組んでみてください。

詳しくオリジナルノート

勉強と脳の関係

勉強と脳は、切っても切り離せない関係です。
というわけで、脳の特徴を理解し、勉強の効率を上げましょう。

脳イラスト

≪人間の脳の特徴≫

残念なことに、人間の脳は物事を忘れるようにうまくできています。
本来、暗記はとても苦手な作業なのです。
しかし、勉強には、繰り返し学習が必要不可欠です。
繰り返し繰り返し、何度も勉強をすることで脳自体が鍛えられ、
「忘れない脳」へと変化していきます。
こういった脳の構造を理解した上で「忘れない脳」を造っていきましょう。

人の記憶「忘却」について、研究結果を忘却曲線にしたものがあります。
「エビングハウスの忘却曲線(ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウス)」より

人の脳は、 一度学習したことを次の割合で忘れていきます。

1時間後 → 56%
1日後   → 74%
1週間後 → 77%
1カ月後  → 79%

といった調査結果が出ています。

脳は、時間が経つにつれ、記憶している割合が減っていくということですね。
人間の脳は「忘れやすい」性質を持っているといことを証明している曲線と言えるでしょう。

 

≪忘れない脳にするには?≫

では、どのような勉強法で「忘れない脳」を造っていけば良いのでしょうか?
脳は、一度学習したものを三度繰り返し勉強した場合、三度目の忘却線は緩やかになります。
三か月経っても二割しか忘れていない、という嬉しい結果があります。
一度学習したものを一定のスパンで復習する(勉強する) ⇒ 脳が忘れにくくなる
これこそが「脳の特徴を活かした勉強法」といっても過言ではないでしょう。

勉強法に関する例をいくつか挙げてみます。

一定スパンでの復習例(勉強法)

  1. 1週間後に1回目、2週間後に2回目、4週間後に3回目に復習するというサイクルが一番良いと言われている。
  2. 一度目の学習の中で1つの内容を3回以上繰り返す。
  3. 勉強した後に、その日学習した内容にさっと目を通すだけでも復習になる。
    次の日に前の日に学習した内容を見返すだけでも復習になる。

勉強する男の子

「漢字や英単語を繰り返しノートに書く」という勉強は、
暗記するための理にかなっているということです。
理想的な脳の鍛え方(勉強法)といえるでしょう。
日々の勉強の際の、ちょっとした努力が「忘却」を緩や
かにしてくれます。
「一から覚え直し」という労力を省いてくれるので、
勉強することが苦になりませんね。

まずは、脳の特徴をつかみましょう!
脳の鍛え方、など、参考になさってみてはいかがでしょうか?

下のリンクから詳細をご覧ください。


脳に悪い7つの習慣(幻冬舎新書)


脳を活かす勉強法 奇跡の『強化学習』

≪体の機能を使って覚える≫

繰り返しの反復学習に加え、もう一つ方法があります。
それが「体の機能をすべて使って覚えるという勉強法です。
目で追うだけでなく、声に出して読み、勉強するのです。
「目」「耳」「口」の三か所で記憶するということですね。

耳

さらに、書くことを加えると、手でも覚えられることになります。
それらをイメージすることで、脳にイメージとして確実に記憶されるのです。

勉強には色々な方法がありますが、基本的な勉強法として、ぜひ、実践してみてください。

脳を鍛えるためのDSソフト、通常の10倍の酸素が含まれている水など、
脳の働きを活発にしてくれる、とても助かる商品もあります。

どちらも、手軽に取り入れることができるのもうれしいですね。
下のリンクから詳細をご覧ください。


東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修
ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング


酸素10倍・バランスデイトウォーター

 

≪繰り返すことのメリット≫

人間の脳は、繰り返せば繰り返すほど、脳自体が鍛えられ「忘れづらくなくなる。」ということが おわかりいただけたと思います。
また、「忘れない脳」は、忘れてしまったことを思い出しやすくなるというメリットもあります。
一から思い出す手間が省けるので、大幅な時間の節約になり、勉強時間を増やすことができますね。
部活や塾など、忙しくてなかなかまとまった勉強時間がとれない!という子どもたちにとって
とても合理的な勉強法といえるでしょう。

勉強する=繰り替えし、学習をする
子どもの頃から、この勉強法を身に着けておくこと自体が大きなメリットを生むのです。

この勉強方法は、「出会った人の顔や名前を忘れない」など、良好な人間関係を構築する際にもとても有効ですね。勉強に関してだけではなく、ちょっとの努力が円滑な人間関係を築くための有効なスキルにもなるのです。

勉強の際は、脳の特徴を上手に活用しましょう。

脳を鍛えるばかりではなく、休ませることも大切です。
休ませ方のポイントは、こちら。

文具類

勉強に適した環境

≪勉強に適した環境づくりのポイント≫

勉強は、環境によっても集中力が左右されるというのはご存知ですか?
目・鼻・耳から入る情報は、子どもたちに大きな影響を与えています。
それだけ、「勉強」と「環境」は切り離せない関係にあるのです。

  • 散らかった部屋は視界に入ると落ち着かず、
    勉強の集中力を妨げる要因となります。(視覚から入る環境)
  • 勉強に集中できるよう、おうちの中のファブリック(カーテン、ソファーカバー、クッションなど)を寒色系の色を多くしてみましょう。(視覚から入る環境)

簡単にお部屋の雰囲気を変えるには、カーテン・カバーなどの表面積の大きいものから替えてみるのが良いでしょう。柄物は避け、さっぱりした色合いがおすすめです!

その他、いくつか商品をご紹介しますので、下のリンクから詳細をご覧ください。


12色の1級遮光・防炎無地カーテンと選べるミラーレースのセット


ストレッチタイプのぴったりフィット♪【ソファカバー】

  • 勉強部屋・学習机の照明の電球が古い場合は、新しく付け直しましょう。 目に刺激の少ない色味を選ぶことも大切です。(視覚から入る環境)

  • Luminous -ルミナス- LED シーリングライト

  • 子どもが嫌がらなければ、アロマを焚いてみましょう。レモンでスッキリ効果・ラベンダーでストレス不安感を和らげる効果などが勉強時にはいいとよく言われます。
    それとは、逆にタバコなどの匂いは気を散らせてしまうので要注意です。(嗅覚から入る環境)

  • フラワーアロマディフューザー スティック フレグランス

  • できればテレビやインターネットができる環境は遠ざけるのがベストでしょう。(視覚・聴覚から入る環境)
  •  

    ぜひ、お子さんと相談しながら楽しみながら、落ち着い学習できる環境を作ってみてください。

     

    ≪勉強に適した場所≫

    「ところで、勉強に適した場所ってどんなところ?」
    人それぞれなので、たくさんありそうですが・・・。
    確かに漠然としていて、わかりにくいかもしれません。
    そこでいくつか挙げてみましたので参考になさってください。

    • 自分の学習机(自分のテリトリーなので、安心して机に向かうことが出来ます)
    • 図書館(静かな環境で様々な本を参考にしながら勉強ができます)
    • 食卓
      (家族がすぐ側にいるので、わからないところがあってもすぐ質問できる環境ですね)
    • 公民館(自習室のような部屋を提供してくれているところもあり、これは穴場です)

    その時の気分に合わせて勉強する環境を変えてみる、というのも効果的かもしれませんね。

    テーブル

     

    ≪気持ちを切り替える方法≫

    気持ちを切り替え、フレッシュな状態で勉強に臨むことも大切です。
    学習環境を整えることは、自分の気持ちも整えることと言えるでしょう。
    勉強をしていて

    「ん~、なんか行き詰ってきたな~。」
    「なんか頭に入ってこないな・・・」
    「疲れちゃったな。」
    「眠くなってきた。」

    そんな時は、いくつかの気分転換方法をあげてみました。
    どれも簡単に出来ますので、ぜひ、お試しになってみてください。

    • 家の付近を歩いてみる
    • 窓を開けて深呼吸
    • お茶を飲む
    • お風呂に入る
    • 掃除をする

    など、これらも良い環境づくりにつながる、効果的なポイントです。

    一休みの際などは、お茶を飲みながら、あたたかい炎キャンドルの灯りを見て、
    気持ちをラクにしましょう。
    無香料なので、ニオイが苦手なお子さんにおすすめです。

    下のリンクから詳細をご覧ください。


    無香料ティーライトキャンドル

      「今日はちょっと頑張ってみようかな。」と、思えるようなやる気の出る環境づくり。
      「この場所は、とても集中できるな!」と、思える環境づくり。
      ”良い環境で、良い勉強”と、なるようにしたいですね。

      整理整頓

    勉強に適した時間帯

    ≪勉強は、早寝早起きが良いと言われている理由≫

    気持ち良い目覚めを手に入れ、朝方人間へと変わりたい!
    そんな方は、下のリンクから詳細をご覧ください。


    OKIRO(オキロー)光目覚まし時計


    明日から「朝型人間」になる!
    リバウンドなし!人生が好転する早起きメソッド

     

    勉強の最適な時間帯を考えたことがありますか?
    早寝早起きは、人間にとって一番健康的なリズムだと言われています。 太陽と共に目覚め、起きている時間に生きるための活動をし、夜は暗くなったら寝るというのが理想ですね。
    「学習時間のリズム」ということでも同様のことが言えます。
    早寝早起き

    しかし、現代社会の子どもは夜更かしの傾向が強くなっています。
    いつまでもテレビ見たり、ゲームで遊んでいたり。
    ついつい、「あともうちょっと!」があっという間に数時間経過!となってしまいます。
    人間の最適な活動時間帯からズレてしまう原因の一つと言っても良いでしょう。

    夜遅く寝て朝早く起きる、という時間帯での活動になっていますので、これでは十分な睡眠がとれません。
    当然の結果として、授業や自宅学習の際も、集中できないということになります。

    こんな時は、一度体内時計をリセットしましょう!

    「毎日決まった時間に朝日を浴びて、体内時計のリズムを合わせて勉強してみる」
    まずは、これを実行してみてください。
    そして、これを毎日、 「同じ時間に寝て、同じ時間に起きる」 というのを繰り返していくことで、睡眠の質が良くなり、集中力もUPするのです。
    集中力を高めたい!という方は、こちら。

    質の良い睡眠をとることためには、
    寝具の見直しをしてみる必要があるかもしれませんね。

    心地よく眠り、翌朝元気に起きたい!
    そんな方は、快眠に特化した寝具がおすすめです。

    お子さんが毎日疲れている様子でしたら、替え時かもしれませんね。

    そんな時の「おすすめ商品!」をご紹介します。
    下のリンクから詳細をご覧ください。


    快朝アルファピロー モカブラウン


    フィベール 掛布団


    15厚日本製スーパーボリューム敷布団

    「毎日、規則正しい時間に寝て起きる」
    昔から言われているのは、それだけ大きな効果があるから、なのでしょう。

     

    ≪朝勉強のメリット≫

    最近では、ちょっと早起きをして、朝に勉強をする「朝勉強」というものが、
    一部の大人の間でも流行っているようです。
    これは、時間を有効に使うために、子どもの生活にも応用できそうですね。
    脳は、夜寝てる間に休んでいます。
    きちんと休ませ、整理された状態であれば、朝、起きた時にはスッキリしているのです。

    早起きするためには欠かせない、
    ぐっすり睡眠を得られる、グッズもたくさんあります。
    静かな環境で、良い香りで、気持ちよく眠れる枕で
    翌朝スッキリ目覚めてみませんか?

    快眠を手に入れたい方に!
    下のリンクから詳細をご覧ください。


    パティバディーズ 耳栓


    毎晩ぐっすりミスト☆安眠☆ラベンダー☆


    王様の夢枕 (超極小ビーズ枕)

    朝起きてから1~2時間経過した頃が、脳が冴えている時間帯と言われています。
    また、忙しい朝の限られた時間で学習することとなるので、
    集中してできるというのがメリットといえます。
    効率良く勉強したい方は、こちら。