勉強のやる気が出る方法は

母の悩み


勉強をやる気になる情報を書き記していくホームページです。
私自身も中2と小4の子供を持っていて、みなさんと同じように悩み調べました。
私と同じよう悩みを持つ方たちのお役に立つのではないのかと思いまとめてみました。

少しでもご参考になると幸いです。

 

実はそんなに難しくはなかった!『子供が勉強をやる気になる方法 』

「子どもが勉強をしてくれない。
どうしたらやる気になってくれるのか?
勉強を自ら進んでしてくれるのか?」

その答えはいたってシンプル。

「なぜ勉強をするのか?子どもにもわかるように説明すること。」です。

それだけで、やる気が出たりします。
当たり前にも思える事ですが、子どもが納得する答えを出してあげる、
ということがとても重要だと思います。

子どもがどのようにしたら、やる気を出してくれるのか?
様々な悩みと解決方法について「勉強に関する数々の悩み」、こちらのページもご覧ください。

母娘会話

 

勉強に関する数々の悩み!

あらためて、「勉強をやる気にならない」に関する悩みをいくつか挙げてみます。

勉強やる気ない

  • どうしたら成績を上げることができるのか?
  • 勉強は嫌い、楽しくない。だからしたくない。
  • やる気がない。
  • どのように勉強したらよいのかわからない。
  • 勉強に関することを話すと、本人も元気がなくなり辛そう。

どうやら勉強というものに対して、かなりのマイナスイメージを持たれている、それが理由で、やる気がでないというのが共通の悩みと思われます。

やる気になるためには、このマイナスイメージをプラスに変える必要がありそうです。
詳しく調べてみましたので「勉強に関する数々の悩み」、というページも合わせてご覧ください。

 

勉強は楽しい!ということに気づかせてあげましょう。

人は強制されたり、自尊心を傷つけられたり、比較されるのは嫌なはず。勉強に限ったことではありません。

「勉強しなさい。」
「こんな問題もできないの?」
「お兄ちゃんだったらできたのに。」

成績が悪いことを不安に感じ、自信を失っている状態にあるのに、このような
言葉を発せられては、さらに子どもはやる気をなくしてしまう…。
これでは勉強をやる気になんてなりませんよね。

まずは、「やる気」になってもらう必要があります。

勉強の必要性について親子でじっくり話し合い、無理な目標を立てず、できそうなことから一つずつチャレンジし、できたらほめてあげる。
やる気にさせるためには、保護者側も、子どもが『失敗しても次がんばろう!』と、思える環境づくりが大切です。
そのうち子どもは自然に、わからなかった問題が解けるようになり、自信がつき、
『勉強って楽しいかも!』
と、感じてくれるでしょう。

「勉強するのが楽しくなってしまう!」
と、いうような使いやすくて、かわいい文具もご紹介します!
勉強のモチベーションUPは文具から♪」というページをご覧ください。

子どもわかった

学力は継続してはじめて力になります。
そのためには、頑張りすぎないこと、適度な息抜き、自分なりの勉強のリズム(楽しさ・集中・休憩)を作っていくことです。
子どもの性格によってリズムは違います。
様子を見ながら、あたたかい言葉がけや協力をしていきましょう。

効率の良い勉強法なら苦にならないのです。
勉強そのものの効率を上げる方法」でも詳しく書きましたので、合わせてご覧ください。

 

やる気がでない子供の「なぜ勉強をするの?」に、どう答えるのが一番良いのか?

様々な答えがあると思います。

  • 将来良い大学・会社に入るため。
  • 立派な社会人になるため。
  • 今のうちに勉強をしておけば、大人になって困らないから。

しかしながら、これらの答えを子どもに説明して、子どもは納得してくれるでしょうか?それらは真の目的でしょうか?

最終的に私たちが必要とするものは、物事に対する「集中力」、「考える力」、「情報を正しく読み取る力」です。 これらの力は、勉強を通して身につくもの。

だからこそ
「勉強は大切なこと!楽しく有意義なものだよ。」と、
本当に大切なことを、ぜひ、伝えてあげてください。

集中するためのコツをまとめた「勉強に適した時間帯」、 「勉強に適した環境」というページもご参考になさってください。

 

子ども集中